処女の微妙な妄言

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月28日(水) 簡単に言えば――出しゃばりのお節介!

<<   作成日時 : 2018/02/28 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旧社長のことです。

もう自分の会社じゃないのに善い人ぶってお節介やら説教などを毎日かましてくる。
アドバイスをする人――というスタンスで居るつもりなんだろうが、とにかくテメーの自我や欲求を満たす為に居て、うちらの仕事の効率を全部無視して、自分がこちらにさせたいことを最優先でさせてくる。
声を大にして言ってやりたい――あんたの会社じゃねぇんだから、おとなしくしてるかすっこんでろ、と。

旧社長は「社員を自分の思い通りに動かしたい」「自分の意見に『はい、その通りですね』と言わせたい」という衝動に駆られて生きているジジイである。
とにかく『自分』という存在を押し出し、ゴリ推ししてくる。
自分のやり方や意見などが通らなかった場合、おそらく怒号を発して怒り捲るんだろうな。老害丸出し。

そして同時に「部下にはバカであってほしい」「部下からは尊敬されていたい」「部下は自分のタイコ持ちであってほしい」という思いを常に持っているジジイでもある。
だから、あの人類史上最高の無能であろう営業部長を四半世紀もの長きに亘って雇用し続け、会社を譲渡した先の新社長ら親会社の人間に、人的不良債権である営業部長を引き渡してしまったのである。
「これで俺の手を離れた、会社も引き渡した、清々した!」と表向きにはそういう内容のことをいちいち吐いているが、その割に凄まじい頻度で今の会社に介入してくる。気持ち悪いにもほどがある。

ちなみに俺は、今の新社長に「旧社長は人材を育てる能力が皆無であり、時間効率を無視し、部分的正解だけで巧く生きてきた、広い視野を全く持たない旧弊的思考の老害である」的なことを既に言っている。
新社長はその俺の意見に概ね賛成・理解をしてくれている。
でもまぁ、だからといって俺をある程度買ってくれている――などと思い上がったことは思わないようにしているし、この会社で今後もしっかりやっていこう、とは思っていない。出来るとは思っていないので。

あと2ヶ月――俺はこのストレスに耐え、新体制の下で巧く立ち回れればいいかな、と思っている。
せめて今より給料の上がった状態になり、営業部長のアホから解放され、旧社長の非常に面倒臭いテメー勝手さが無くなれば、幾分かは楽になるだろうし。
でも、そこの場に俺が居られるとは思わず、いつでも出て行くか、辞められるようにしておくべきだとは思っている。

あぁ…強烈なストレスを感じる。
旧社長はきっと、退任の最終日まで「俺はすげぇイイ社長だった!」と思って辞めていくんだろうな。
いいなぁ、思考の根本からそう思い込めて、勘違いまっしぐらのまま、心地よく勝手なことを言い捲りながら辞めていけるんだから。

――退任してすぐ、張りのない人生だと感じて、いきなり大病を患って死んでも、葬式なんぞには行かないよ。世話になった覚えはないし、金と巧く使える環境があったというだけで、この会社に居ただけだからな。むしろ死んでくれたら大いに笑ってあげるので、是非すぐに逝ってみて欲しい。面白い展開だから。

我ながら酷い文章だな。
これが全世界に発信されるのかと思うと背筋が寒くなるな。
まぁ、読む人は数人なので、その人たちだけには謝罪しておきます――すみませんな。



晩飯は、ロールキャベツ。
でも半分は昨日の肉じゃがをいただいた。
古いほうから消費していくのが真っ当な在り方だと思う。

そう、要らないジジイからいなくなればいい――心底そう思う。

夜は、部屋でネット動画などを楽しんでいた。
その後で、こうしてブログ日記を書いています。
久し振りに愚痴の窮まった文章を並べて、呪いの文言を連ねておりまする。

呪いの念が正しく相手に効果を発してくれればいいなぁと心より願いつつ、今日はこの辺で。







なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?
プレジデント社
齊藤 勇

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by なぜ、嫌われ者だけが出世するのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


なぜ、嫌われ者だけが出世するのか?
この本は全く読んでませんが、おそらくこういう内容だと想像します。
「出世する人間は、普く自分のことだけを考え、他人の事など本当にどうでもよく、自分が成り上がる為の道具として他人を使うので、周りからは全く好かれないが、出世はする」――ということではないかな。だいぶ違う気もするが…。

旧社長がまさにこのタイプで、自分の為なら他人の時間を使うことに遠慮など無く、やってもらったことは当然の行為で感謝は形だけで心はない。
口では感謝をしている風なことを言っておいて、上辺だけで中身のない事を平気でやる。物を送って誤魔化すが、やってもらって感謝する気はさらさらない。
その代わり、自分のやることを巧く行かせる為の発想や方法論を考え実行する能力には長けているので、その辺は巧くやるが、他人の時間を使ってやらせるので全く他人からは好かれない。

自分で会社を経営するんじゃなくて、ずっと会社員として職責を全うしといてくれたら、俺に迷惑を掛けずに縁もなく別の場所で生きていたのに――とは思う。

居るだけで他人に迷惑を掛ける人間が一つの会社の中に二人も居て、それぞれが別のタイプだというんだから、非常に面倒臭い会社である。

今回は文句しか書いていないので、もうやめよう。

では、また明日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F&C・FC01/SLP『こなかな2』応援中です。
2月28日(水) 簡単に言えば――出しゃばりのお節介! 処女の微妙な妄言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる