処女の微妙な妄言

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月2日(金) 邪魔が入って追いつかぬ――

<<   作成日時 : 2018/03/02 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

目の前にある仕事を熟し切れんのですわ、邪魔が多くて。

とにかくストレスが溜まる職場です。
得ている情報を元に納品書を切る訳だが、その情報がまぁ大抵旧い。
新しいほうの情報を毎回こちらに開示せず秘匿して抱えていることが多過ぎる。

結果、この納品書は違う、という指摘を受ける訳である。
その指摘を情報を抱え込んでいる当人がこちらに向かって「要確認!」などとほざきやがる。
確認した上で当然「新たな情報を得ていないので指摘を受けました、最新の情報をください」と答える訳だ。

それを何遍も何遍も、何回も何回も、懲りずにずっと毎度の如く繰り返す。
反省も改善もしない。況してや謝罪もないし悪びれもしない。
最後の最後、限界点の最終地点まで粘り続けた挙句、もうこれ以上は逃げ場がないとなってから――ようやく自分の非を仕方なく認める始末。

旧社長は営業部長に言う「お前、新しい人が入ってきたら、現行の担当外されて、新規開拓に回されるぞ!」。
……いや、旧社長、あんたはわかっていない。
営業部長が可愛くて仕方ないからそんな言い方をしてるんだろうが、何もわかっちゃあいない。

新社長は「もう彼じゃあ営業職は無理だ。引き継ぎが終わったら内勤に回して、取引先を相手にするだけの業務に就かせよう」と言っている。
それどころか、もう何か理由を付けて退職に追い込む事すら考えているかもしれない。
現況、会社の為になることを何一つやっておらず、ただ只管に会社に損害を与えることしかしていないから、内勤に回すだけで事が済むとは思っていない。きっと辞めさせられるだろう、と俺は考えている。

――ただ、今の会社のそこに俺の居場所があるかどうかは不明で未定。
役立たずの営業部長がそのまま「業務部長」的ポストに納まったとしたら、俺の内勤業務従事者としての存在価値が薄れ、俺こそが不要とされる可能性は……まぁ有るだろうな。
でも、あのクソ役立たずを是として、力不足であっても内勤業務にしっかり従事してきた俺を非とするなら、新社長の見る目も大概だろうし、そんな会社に未練など無いから素直に退職勧奨に応じるつもりだけどな。

まぁ、そんなこんなで、ストレスと迷惑だけが積もっていく職場で、時間効率を無視したやり方を強要し社員の業務を確実に邪魔する上司が居る――これだけで、最悪な環境だという事は察してもらえるだろう。

ちなみに、今日は2日なのに未だに2月末在庫表作成まで手が届かなかった。来週の月曜日(=5日)に速攻で作成する予定です。

オマケに、帰りに電車が大いに遅れていたが、巧く乗れたのでさほどの遅れには遭わなかった――というのが今日の一番の幸い事だった。

晩飯は、ハッシュ・ド・ビーフ。
そこにトンカツをプラスしていただきました。
家で食う飯だけは、味はどうあれ安心して食えるなぁと思っている。

夜は、部屋で本を読んだりしていた。
その後は、ネット動画を観賞。
そして、こうしてブログ日記を書いています。

明日は、ちょっと買物などに出かけたいと思っている。
ただ、家の人間がどういう注文を付けて来るかに由るけれど。
休日は、自分の為にあるようでいて、さほどそうでもないというのがこの歳の俺である。

では、今日はこの辺で。









NMB48 吉田朱里 ビューティーフォトブック IDOL MAKE BIBLE @ アカリン2 (主婦の友生活シリーズ)
今日発売だが、手元にはまだない。
帰りに本屋に寄ったのだが、店頭に並んでいるところは見られなかった。
売り切れていたのか、そもそも並んでいなかったのか、その辺は不明だけれども、その本屋には無かった。

ま、後日確実に手元に届くので気にしてもしょうがないけれども。

とりあえず、今月(3月)あたりから色々と金が出てしまうイベントが満載で、正直困っているところ。

んじゃ、また明日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F&C・FC01/SLP『こなかな2』応援中です。
3月2日(金) 邪魔が入って追いつかぬ―― 処女の微妙な妄言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる