1月22日(月) 全く祝福されていない――

この大雪が、それを証明している。

今日は、先週流れた「社長会合」が挙行される日。
旧社長と新社長、それと親会社の社長が一番の顧客の社長に挨拶をしに行く日である。
先週は親会社の社長がインフルエンザ、そして今日は稀に見る大雪が降るということで、全くこの社長交代と会社存続は世界から祝福されていないことがよくわかる。

旧社長はもうこの会社を譲渡してしまったので、もはや他人事だろうから、会社が潰れようが社員が路頭に迷おうが知ったことではないはず。
口では散々自分は情に深い行ないをしているかのようなことを言っていたが、裏では自分の家族を会社役員に仕立て上げて給料を取って税金逃れをしてたし、給料の形で会社の金を存分に吸い取っていた。
まぁ自分の会社だからどうしようが経営者の勝手だが、務めている社員には無理な理由をこじつけて会社の儲けを還元しなかったし、有休を取得させないどころか有給自体が存在しないかのようなことを言っていたので、ブラック企業の最たるものだったのは疑いない。

新社長、新体制に変わったからといって、その辺が大幅に是正されるとは思えない。
税理士や社労士と結託して、労働基準法に反した行ないはしていないと言い逃れをするに違いない。
そのほうが、安い賃金で多く労働してもらえることになるので、会社としては願ったり叶ったりだろうしな。

労働基準法に反しても、罰則はそれほど厳しくないし、こんな小さな会社を相手取って裁判を起こしたところで旨味は無いし、社労士を抱き込んでいるので訴えを却下させる裏の手もちゃんと用意しているに違いない。

旧社長が言うには「会社はあと5年は持つ」らしいが、5年では俺が5年後に路頭に迷うが、5年後には旧社長が死んでいるかもしれないので、いずれにせよ知ったことじゃないのは明白である。

帰りの電車は、やはり大雪でだいぶ遅れた。
「社長会合」があったが為に、俺は定時まで居させられた。
それさえなければ、大雪を懸念してもっと早く上がれたであろうに――と思う。

ま、さほど支障のない時間に帰り着いたのでよしとする。

晩飯は、酢豚。
てっきりこの天気なのでレトルト物が出て来るだろうと思っていたのだが。
あまり得意ではないが、ちゃんといただきましたよ。

夜は、部屋で本を読んだりネット動画を観たりしていた。
明日は出社出来るんかね!? とかマジで思う。
交通機関がちゃんと動くんかね、と懸念するが、正直動かなくてもいいとも思っている。

まぁ、どうにでもなれ、と思いながら、今日はこの辺で。







まんが4コマぱれっと 2018年3月号[雑誌]
一迅社
2018-01-22
ストロマ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まんが4コマぱれっと 2018年3月号[雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


まんが4コマぱれっと 2018年3月号
こちらは電子書籍で購入。
もう3回目になるな。
安い上、物質的な邪魔が無いのでありがたい。

付いてくるかもしれないオマケについては、もう諦めている。

読めりゃあいいんだよ――かなりやけっぱち気味にそう思いつつ、また明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック