1月30日(火) 貴様は一体、何を言ってるんだ――!?

営業部長に向けての言葉です。

ある商品が先週の金曜日に納品され、その納品書が今日届いた。
確認すると、その商品の見積書を貰っていなかったので売上単価がわからない。
なので、営業部長に「売上単価の見積書をください」と言ったのだが、営業部長は何故かこう返事した――

「今、仕入先の担当に確認してるから」

………は?
いや、俺は今、売上単価の見積書をくれと言ったんだぞ。
別に仕入先に確認する事なんぞ一つもないだろう。

するとその後、仕入先からの見積書をこちらに出してきた。
いや…俺が一番欲しいのは、仕入先からの見積書でなくて、納品先に出した売上単価の見積書。
もう月末なんだから、売上納品書を作らなきゃならんのだから、まずは提出した見積書をくれと言っている。

だが、営業部長はグダグダと意味不明なことを吐かし続け、挙句の果てには別の客先に出かけて行ってしまった。

全く以て埒が明かないとはこのことを言う。
まずは新社長にこの件を報告し、呆れ返って物が言えないと伝えた。
その上、今度は納品先に見積書は提出しているかを確認すると――提出されていない、という返答。

外出後も、メールで見積書の件を訴え、納品先に見積書を提出していないことも指摘した。
だがやはり、営業部長は「都合の悪いことになると返答を寄越さない」という定例通りのリアクションをした。
そして、帰社後には全くその件に触れず、何故か仕入先の担当に、今回納品した商品と同じスペックの商品の納品実績について必死に確認していた。

………こいつは一体、何がしたいのか、何をしているのか、さっぱりわからない。
明日はこの件を旧社長と新社長の居る前で確認する予定。
この一件については今日、当然ながら全く進まなかった。

晩飯は、昨日の焼売の残り。
あと、嬉しいことに、豚汁。
美味しくいただきました。

夜は、部屋で本を読んでいた。
その後はネットで色々と見ていた。
それからこうしてブログ日記を書いております。

明日は、前述の通り、今日の一件を改めて確認します。月末最終日なので。

バカは死んでも治らないというが、ここまでの真正(真性)バカは滅多に見ないだろうと思う。

バカなのはしょうがないが、そのバカで他人に迷惑を掛けるのはやめてくれ。
バカがバカな知恵を付けるとバカバカしいくらいバカなことをひねり出す。
それをバカ正直に実行しやがるから、バカは救いようがないなとバカげた思考に陥る。

こんなことをつらつら書くのもバカバカしいので、今日はこの辺で。









月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法
今朝、日経新聞の広告欄に載っていて、気になった本。
勿論、まだ買いもしてません。
買うかどうかもわからんけど、買うとしたら電子書籍で買うかな。

とりあえず、今後の参考になるかなぁとは思うが、鵜呑みには出来ないよな、当然だけど。

んじゃ、また明日。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック