2月13日(火) 事後報告ブログ(7)――

寝込んで一週間――ここまでボロクソなのはなかなかない。

別の病院に行きました。
先日、お袋さんが行ったところ。
行ってわかったのだが、ここの病院は昨日と一昨日は休みだったな。

検査の結果は――「マイコプラズマと百日咳の疑いがある」とのこと。
百日咳は、もしかすると喘息と被っている部分があるので「可能性がある」、というくらいだが、マイコプラズマのほうはかなりの必然性がある病名である。
飯が食えない、夜に咳が出捲る、夜中に寝られない、こういった症状はマイコプラズマによくみられる症状だといい、この病気は咳によって感染する、という。

正にそれだ!――そうとしか思えない診断を受け、点滴を打ってもらい、吸入をして、薬を処方してもらって、帰宅した。
この一連の通院が、思ったほど辛くなく出来ている状態に少し驚いた。
電車で一駅ある医院に行き、外を歩き、帰る途中でコンビニに寄ったりまでするというくらいに、身体は割と動いてくれた。

帰宅後、食えるだけの飯を食って、寝ることにした。
薬のせいか、気分の問題か、少し歩いて体内の循環がよくなったのか、理由はわからないが、寝るのが少し楽になった気がした。
熱も少しあったのに、それもあまり気にならないくらいには、楽になっていた。

これで快復の兆しが見えたかもしれない――やっとそう思えた、7日目の今日であった。

以後、次回――。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック