2月9日(金) 事後報告ブログ(3)――

「快復する」というのはどういうことなのか、見失い始めました。

まともな睡眠がまともな快復につながる――これが絶対的真理だとするなら、俺にはその真理が全く履行されていないことになる。
まず、まともな睡眠がない。
一晩中、熱だ咳だ悪夢だと、苦しむ為のイベントがオンパレード――寝る暇なんてありゃしない。

起きてみれば体調不良の真っ只中、鼻は詰まるし、咳は出るし、熱もあるし。
この辺から、お袋さんにも咳が出始めた。
感染ってない事を祈って――と思ったが、事柄は悪いほうへ転がるもので、やはり感染ってしまった模様。

3日目のこの辺から、今までは割とあった食欲が減衰し、体力に陰りが見え始める。
腹は減るのに食えない――最悪の循環が始まった。
そこに加えて一切摂れない、まともな睡眠。最悪の極み。

寝て休む――というより、寝転がって消耗を減らす、ことに終始する対応が始まった。

以後、次回――。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック