4月23日(月) あと5日――

旧社長が会社を去るまで。

でも、別にタイトルでカウントダウンする気はない。

今日はやはり月曜ということもあり、バタバタしていた。
そんな中でやはり旧社長は「らしい」というべきか、そんなところを気にする必要なくね!? と意味不明な事を言う。
「俺が居る間に、俺の使っていたパソコン、処分してくれよな」

パソコンを処分するにあたり、何故旧社長が会社に居る間にしなければならないのか、という疑問符が浮かんだ。
別にアンタが会社を去った後でも処分は出来るんだから、もう会社に来なくなる人間が居る間にそれをやらねばならん理由は無い筈だが!?
こういう意味不明な自己主張と自己顕示が他人の時間を奪い、他人に迷惑を掛け、他人から嫌われる温床になっていることに全く気付かない人生って、多分この世で一番幸せな精神構造なんだろうな。

まぁ、70過ぎのジジイの最後の戯言に付き合ってやるのが、オトナの対応が出来る年少者というものかもな。
でも、こういう出来る年少者を利用して自分の欲求を満たそうとする老体が多くて迷惑なのも事実。
日本の高度成長期を企業戦士としてやってきた人間がこういう老体に成り下がった、という自説は確実に的を射ていると自信を持って言えるし、間違いない見解だと自負している。

なので、自分のレゾン・デートルを失った老体は瞬時にボケるだろうな。
仕事が命、他人に文句を言ってストレスを解消するのがクセになっている奴、そういう人間は即座にボケる。言う相手が近くに居なくなるから。
ま、俺に迷惑の掛からない場所で存分にボケてくれればいいし、家族に迷惑を掛けないようにすぐ死ねばいいんじゃないかと俺は思っている。他人だし、別にどうなろうが知ったことではない。

でもまぁ、あと4日、視野の狭いジジイの話を聞き流せば新しい体制になる。
用済みの老兵はさっさと消え去ればいい。死ぬかどうかはそっち次第。
新たな時代を受け入れられない旧弊的な存在は淘汰されるだけだ。



晩飯は、麻婆茄子。
しっかりといただきました。
今日はあんまり多くは食わなかったな。

晩飯後、居間でテレビを観ていた。
その後で、部屋に上がってネット動画を観賞。
こちらを観ていたりしましたよ。
画像

途中から観出したので、前半部分はわからない。
アーカイヴに上がったら観てみよう。
その為の会員だからな。

明日は、ジジイの要望に応えてやる予定。
どうせあと4日しか来ないんだし、冥途の土産に要望を叶えてやってもいい。
他人の家のジジイのいう事を何故きいてやらにゃならんのか――という真っ当で不毛な疑問はこの際置いといてやる。

んじゃ、また明日。



他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ)
日本経済新聞出版社
河合 薫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック