10月1日(月) 多分みんな、俺のことが――

いや、嫌いなのは知ってますよ(真顔)。

生まれてこの方、本当の意味で好かれたことなど無いですからねぇ。
「利用する為に好きを装っている」的な感じの人は何人と言わず何十人も居ましたけど。
俺の周りには俺が使い易いからと好意的な態度を装ってくる奴しか居なかったので、そもそも人間が嫌い。

異性に相手にされた経験がないというのは、こういう考え方をしているのが相手に透けて見えるからなんでしょうな。
それは俺が、根本的に女性をある側面で「人間」と見ていない節があるから。
いやむしろ、自分以外を「自分が生きる上での道具」としてしか見ていない。

女性と付き合うという事柄自体をある側面で「自分の人生に彩りを加える為に使うもの」という見方で見ている。
「愛」だとかそういう言葉も全て、その場における環境や雰囲気をより良くする「言葉という道具」としてしか見ておらず、そこに絡むストーリーなどは「自分の感情に彩りを加えるスパイスという道具」でしかない。
でも、その考えを突き詰めていくと、自分の感情さえも「道具」だと言い切れてしまって、随分と生きていることが空虚なものになるなぁと呆れるので、程々で考えるのをやめる。

――こういうモノの考え方だから、他者から嫌われるんだな。友情や愛情を語ってくれたとしても、それは「俺を有効的に利用する為の道具を行使している」としか思っていない側面があるから。

逆に、こういう人間だから「ムカつくコイツなら何の罪悪感もなく使って棄てられるから、好意的なフリして利用するだけして、使えなくなったら棄てりゃあいいや」と思われてるのかもしれんね。だったら自業自得か!

でも、他人に頭を下げてまで仲良くしたいとは全く思わないし、俺をテメーの都合で使おうとする奴はみんな嫌いだし、そういうヤツらからは嫌われて当然だし、むしろ嫌ってくれて嬉しく思う。ありがとう。

こういう事を書いて、あぁ自分って曲がり放題曲がった性格してるなぁ、という自覚はある。
他人の都合を考えず弁えず、テメーの都合をゴリ押ししてくる人間が嫌いなだけなんだけどな。
「告白する」という、恋愛にありがちなイベントですら、自分の盛り上がった感情を対象に投げ付けて押し付ける行為だと思っているから、自分がやったりやられたりしたら、やはり心のどこかで虫酸が走るんだろうな。

10月に入った途端、俺は何を書いているんだろうな!? でも、俺の心根にはこういう感覚・感情が確実にあるし、それはもはや更生も矯正も利かないくらいに自分の思考の起点として完成してしまっているから、無理である。

――でも、普通に人間らしい生き方もしてみたいというのも、またあるんだけどな。信じてもらえそうにないけど。

そんな俺の今日の晩飯は、豚肉のゴマダレ掛け。
今日は台風一過で蒸し暑かったので、さっぱりメニューがありがたかった。
家族からの好意ですら時として疑ってかかる俺だけど、出される飯は食うのだから俺もテメー勝手である。

もっとも、他人の都合を自分の都合で押し潰すようなことを日常でやる様なクズでゲスな人間ではないつもりなので、そういうヤツらとは一線を画したテメー勝手ではあるけどな。

月が替わったので、胸と腹に在った負の感情の一部を文章として吐き出してみました。
こんな俺なので、当然親しくしてくれる友人は殆ど居ません。勿論恋人など皆無です。
当然、こんな俺を遊びや食事に誘う友人は皆無ですが、暇つぶしに使う相手として誘われるという不本意な対象としてはたまにあります。

せっかく言いたいことを吐き出したのに、不愉快でムカつくので、今日のところはこの辺で。







ENTAME(エンタメ) 2018年 11 月号 [雑誌]
徳間書店
2018-09-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ENTAME(エンタメ) 2018年11月号
今日、手元に届きました。
多分、この9月末発売の雑誌類で一番読みでのある記事が載っていると思います。
他の雑誌と読み比べをしての感想なので、俺個人に帰結する意見ですので、反論は受け付けません。以上。

では、光の差す未来を望みながら、また明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック