2019年1月1日(火) 驚異の9連休、4日目――

紛れもなく今日は元旦です。

本日も、7時起き。
規則正しい生活をするよう心掛けております。
ただ、昨夜は寝るのが遅くなったので、寝不足気味なのが気になるところ。

起きて、身支度を整え、頃合の時間まで居間で寛いでおりました。
午前8時半になり、姉と姪の3人で初詣に。
向かうは『氷川神社』へ。

毎年のように入ってすぐの処にある、でかい絵馬を写真で撮る。
画像

例年通り、その場所で写真を撮ろうとすると図々しく居座る奴らが居るので、待ったり掻き分けたりして何とか撮影する。
姉と姪を絵馬の前に立たせた写真も毎年撮っているので、今年もまたしっかり撮れましたよ。

今日の初詣において、ちょっとした出来事があった。
姪が、本殿前のでかい賽銭箱のど真ん中の最前列でしっかりとお参りしていると、姪のすぐ後ろでババアが「長い」「遅い」と文句を言い散らかしていた。
姪はしっかりお参りしてから早々に立ち去ったが、別にそんなババアに気を遣ってやる必要はないと俺は思った。

だがそれ以上に思ったのは――「元旦、初詣、それも神社の本殿前ど真ん中最前列で他人のお参りを長いだ遅いだと文句を言い散らかす神経がどうかしている」ということ。
元旦に初詣に来ているということは、今年一年を心地よく迎え、健康で楽しく有意義且つ災厄なく過ごしたいと思っているからではないだろうか、と。
なのに、新年早々朝の内からいきなり他人に毒づき、こともあろうに神社本殿前のど真ん中最前列の真後ろの位置でそんな文句を聞こえる声で口走るという罰当たりな行動に出るとか。

それを見聞きした俺と姉は「よかったね、あのババアがあーゆぅ暴挙に出てくれたお蔭であなた(姪)に降り掛かるかもしれなかった厄をあのババアが全部持って行ってくれたよ」と姪に言って、安心させてあげた。
本当にそのお蔭かは定かではないが、その後すぐに引いた御神籤で、姪は『大吉』を引いた。
姪は「今までに大吉なんて引いたことなかった!」と言っていたのに、あのババアが暴言を吐き捲ってくれたお蔭で、早くもいい傾向がみられる結果が出てきた。

本当にありがとう文句ババア! 姪の厄をアンタが持って行ってくれたようで安心しましたよ。存分に厄に塗れた今年一年をお過ごしください!

神社から帰宅後、ようやっと朝飯――御節料理にありついた。
家族全員で食べながら、神社であった上記の事を親父とお袋さんに話した。
それを聞いた親父はやはり「そいつが厄を持って行ってくれたんだ! そんなのがいきなり現れるなんて逆に好かった! 幸運だよそれは!」と嬉しそうだった。

御節料理を食べ、酒にもほろ酔い気分になった後、俺は部屋に上がった。
今日は元旦ということで、前から観ようと思っていた『山本彩 卒業コンサート』のBDを観ることにした。
事実上、今日が発売日だということで、今日観ることを決めていた。



3時間の長丁場だったけれど、しっかりと全部観ましたよ。
ただ、特典映像のBDについては後日に回しました。
さすがにぶっ通しで観るのはツラい。

コンサートBDを観終わった後、居間に降りると3時のおやつが丁度終わっていた。
でもまだお膳にお菓子類が並んでいたので、ちゃんといただきました。
ここ数日はおやつにありつけていなかったのでね。

おやつの後は、少しの間『Amazon Prime』で『機動戦士ガンダム』を観ておりました。
それから、また自分の部屋に戻り、ゆっくりしておりましたよ。
寝不足のせいか、一日中ずっと眠いですな。

晩飯は、御節とマグロの刺身など。
貰ったローストビーフもいただいたりなど。
ここ最近値段の高いタコが美味しかったのがツラいですな。

夜は、しばしの間、部屋に姪がやってきていた。
動画を観たり、今日観た『卒コン』BDのいくつかのシーンを観たりしていた。
午後9時半を過ぎたあたりで自分の部屋へ戻って行きましたよ。

姪が出た後、独りでネットなどを色々見ておりました。

明日は、特段の用事もないので、ゆっくりするつもり。
むしろ特典BDでも観てやろうかな、とか。
それより少し、自分の部屋でも片付けようかね。

色々思いながら、今日はこの辺でとか考えつつ、また明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆこ
2019年01月02日 15:06
「長い」「遅い」なんて声に出して
文句言う人がいるんだね。
思ったとしても普通は言わないけどね。`_`
2019年01月02日 21:07
コメントありがとうございます。居たんですよ、困ったものです。まぁ私も言いたい放題書いてますけれどもね。

この記事へのトラックバック