4月4日(木) 答えのわかり切った「謎」を解く――!!

それはもう「事後の確認」でしかない気がする。

今朝、会社で社用車のドライブレコーダーに入っているmicroSDを外して、その録画データをパソコンに移した。
その際に確認したのだが、昨日(4月3日)に営業部長が車で外出しているのだけれども、当日の走行データが殆どない。
あるのは、朝の車庫での映像と、夕方帰社した折の映像の2つしかない。

このことから察するに、昨日の客先への一連の動向を知られたくないが為に、ドライブレコーダーの電源を切ったか、microSDを抜いたか、いずれかの行動をしたに違いない。
4月2日のも、今朝少し実験で走行させた際の走行データも、全く問題なく録画されている。
なのに、昨日の3日のデータだけ何故か日中の走行データがごっそりと抜けている、というか、録画されていない(動画の番号に連続性があった為)。

これは――昨日、営業部長は客先に行くと言って行かず、何処かで時間つぶしをしていたに違いないと確信。
今日の午後、営業部長が外出(何故か今日は車を使わず電車で)した後、昨日訪問した先の会社へ電話を掛けた。
「昨日、ウチの営業がそちらの社長を訪問させていただいたと伺っておりますが、本当に訪問したのかどうか確認させていただきたく、お電話させていただきました」と。

先方の事務方の女性に、当該の社長と昨日会っているかを確認してもらった結果――「昨日は、お会いしていないとの社長からの返答でしたが…」と。
これで、先方へは行っていない、社長には会っていない、話なんぞしていない、今朝見た日報の内容はでっち上げだ――そういうことが全て露呈した。
社内の者は全員呆れ返ったが、みんな「あいつなら当然、そういう事だよな」と共通認識でおり、もはや驚きも憤りも通り越して、ギャグマンガでも見ているかのような印象しかなかった。

どうせその件を問い詰められたとしても、のらりくらりと誤魔化して躱し、決定的な証拠を突き付けられるまで自分の非を認めないのは目に見えている。営業部長はそういうクズであるのは周知の事実であるから。

夕方、何の罪悪感も持たないツラをして帰社した営業部長。眼球に五寸釘を刺してやりたかったが、やめてあげた。実行してしまえば、俺に犯罪歴が付くからである。

見たくもないツラを視界に入れてしまった後、さっさと上がって帰りました。

晩飯は、スパゲティーミートソース。
昨日がミートソースのグラタンだったのに、今日はスパゲティ―のほうかよ、と驚いていた。
今日は、親父が眼科に行くというのでお袋さんも同行して、その眼科での診察や検査が長引いて遅くなったので、やむなく思い付いたこのメニューにしたそうな。

昨日のメニューに引っ張られ過ぎな発想だなぁとつくづく思う。

夜は、姪が大学で使う教科書をネットで買うというので、確認しながら発注を掛ける作業をした。
注文してから結構な時間が掛かるというので、姪はその事を只管に気にしていた。
ウチで発注を掛けて届くのが遅いというなら、同級生たちだってみんな遅いに決まっているのだから、独りで困っていたって仕方がない。遅いものは遅いのだから、すぱっと思考を切り替えるべきと何度も言ってやった。

その後は、独りでネット動画などを観ておりました。

明日は、週末の金曜日。
今日で月初の処理はとりあえず全部完了したので、あとは明日、書類の整理でもしようかと。
こんなに暇を持て余すような感じだと、明日は特に持て余しそうな気がしてならない。

ま、それこそそんなに考え込まずに居ようと思いながら、今日はこの辺で。







ゆらぎ荘の幽奈さん 15 (ジャンプコミックス)
集英社
2019-04-04
ミウラ タダヒロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


本日、届きました。
この手の大きさのコミックスが手に入る度、フィルムカバーが無いことを悔やむ。
明日帰りにその手の本屋に寄って買って帰るか、それともネットでささっと頼んでしまうか、どうしようか!?

帯が切れたりするのが非常に厭なので、早くカバーを付けたい。

こういう自分の行動力の無さと遅さに嫌気が差しつつ、だったら早くやれと自分に言い聞かせながら、また明日。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック