4月7日(日) ゆるく過ごしていたら、眠くなった――

自堕落な生活態度が露呈しますな。

今朝は、7時半起き。
本当は8時まで寝て居て、それからどうするか的な感じにしたかったのだが、何故か7時前にほぼ覚醒し、そこから頑張って二度寝に縺れ込もうと思った結果、30分くらいしか戦えなかったという流れ。
寝るのに必死になるとか、もう勝負はついている感が半端ないので、その時点で俺は眠れない現実に敗北していたんだろうな。

朝飯の後すぐ、親父と市議会議員選挙の投票へ行った。
姪は人生初の投票機会だったが、やはり政治に全く興味が湧かない年代らしく「面倒臭い」と言って投票に行くことを拒否。
これで大学の学部を今の言語系学部から、友達の居る経済学部に転部したいとか言っているのだから、場当たり的な発言と発想なのがよくわかる。

大学の学部選びを友人の質などで選ぶなんて以ての外だが、18歳ではその辺がまだ理解出来んか…。まぁ、経済学部なら、選び間違いをしたということになる様な学部ではないけどな。

その後の午前中は、先日手に入れた『NMB48 3LIVE Collection 2018』の「山本彩 卒コン MAKING」を観ていた。
もう4ヶ月以上前のコンサートのメイキング映像なのに、つい最近のことのように観入ってしまった。
やはり思い入れの強く深いものだとわかっているだけに、観ている側もとても感慨深げな気持ちになってしまう。

昼飯後、それの続きを観る。
やがて観終わって、その次に『8周年 Anniversary LIVE』を観ていたが、ぶっ続けで2時間以上観ていたからか、急に眠気が襲ってきた。
朝にこの眠気が来れば二度寝出来たのになぁ…と思いつつ、寝落ちする前にBD再生を止めておこうとして、目と手を動かして、再生を止めたらば……あの眠気がどこかへ転がって行ってしまった。

それでも、少しは目を閉じて休んでおこうと思っていたら、完全には眠りの世界に入り込みはしなかったが、身体が寝ようとする感じになっていった。
そこで急に、3時のおやつだというのと、その後の買物へ行くのとで、お袋さんに声を掛けられた。
寝てはいなかったので声に応じて起き上がると、全身に倦怠感が襲い掛かってきて、強烈な眠さに見舞われ出した。

それでもまぁ、おやつを食って、お茶を飲んで、ひと心地着いたところで――買物へ。
車を取りに行き、家に戻り、お袋さんを載せて出た。
その頃には、強い眠気は無くなっていたので大丈夫だった。

晩飯は、焼売。
買物に出るのが遅くなったので、調理の時間は大丈夫かなぁと心配したが、問題なかった。
ただ、買物の後の購入品の片付けが全然済んでいなかった、という問題はあったので、俺が粗方片付けたという話はあったけれども。

夜は、部屋でネット動画を観賞。
その後で、こうしてブログ日記を書いています。
今日は何やかや眠い一日だったので、早めに寝よう。

では、今日はこの辺で。









これを部屋で食っておりました。
四十路のオッサンがこういうお菓子を楽しんでいるのだから、時代は変わったのかもしれん。
俺が子供の頃の四十代なんて、こういうお菓子を食べることを「ガキっぽい行為」と言って一笑に付し、バカにするような奴しか居ないと思っていたし、現実にそういう感じだった。

今思えば、俺が子供の頃の四十代もきっと、あんまり脳内はオトナではなかったのかもしれない。
ただ、今よりも遥かに世間体や見た目、年齢相応感や変なプライドが強かったのだろうね。
現在、リアルタイムで四十代の俺としては、そんなクソくだらないプライドなんかないし、周りがそうだから俺もそうしなくては――などという、大勢に流される思考法は昔から嫌いだったので、生きたいように生きるし、やりたいようにやる。他人の目なんぞ知ったことか。

「他の人と一緒でないと不安」とかいう思考回路が自分に不自由さを強いるので、他人に迷惑にならない最大範囲で自分のやりたいことをやることが、一番人生を楽しくする秘訣だと俺は考えている。

もっとも、他人に迷惑をかけるレベルでやることの楽しさ面白さはその比ではないが、法治国家である我が国でそれを実行すると、内容と場合によっては処罰の対象になるので、そこは控えるべき。
ま、そんな頭の悪いことをしたがるような低能ではないので、俺はその辺の分別は出来ている。
世の中が優しいバカになるほど、俺はどうやらバカではないらしいのでね。

バカの楽しさに羨望を抱きつつも、限度と秩序を弁えた楽しさで満足できる自分を自分で称賛しつつ、また明日。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック