6月1日(土) 自分的には、やること目白押し――

他の人ではそうでもないとは思う――と先に言っておきます。

今朝は、8時半起き。
昨夜布団に入ったのが午前3時より少し前だったので、正味5時間半程度の睡眠時間。
起きたら身体がグッタリ重いのは寝た時間のせいだろうな。

午前中、親父を皮膚科に連れて行った。
11時の予約だったのにも拘らず、家を10時10分過ぎに出て、病院には10時20分そこそこに到着した。
だが結局、診察室に入れたのは11時45分過ぎ……予約時間よりだいぶ遅いし、どれだけ待たすねん! と親父もお袋さんも俺も、みんな思った。

病院の帰りに調剤薬局に寄って、処方された塗り薬を受け取って帰った(当然有料)。
家に着いたのは、午後1時過ぎ。
昼飯はそこから30分くらい経ってからの事だった。

昼飯後、今度は親父と部屋にあるアンプの確認を。
先週、親父が確認したところ、故障して電源が入らない状態にある――というので、今日確認することに。
現在その部屋は主に姉が使っていて、容易にアンプを移動させたりできない状況だったので、その辺は細心の注意を図ってやることに。

結果――電源については問題なし。通電ランプが弱くなっている事くらいで、昨日的には差し障りの無い状態。

そんなトホホな結論に達し、俺のほうが呆れ返った。
要するに、先週見た時にはおそらく接触不良か、ちょっとした勘違いか、いずれかであったと思われる。
アンプ自体が接触不良を起こしていたというよりは、コンセント周りの接触が甘くなっていたのでは、という見解に。

それらをより確実に改善するには、コンセントタップを新調すべきだろう――というのが今日の親父の結論。
どのみち、新調するだとか配線の繋ぎ込みをするだとか、そういった作業は親父が独りでやる訳じゃなくて、俺がそこに作業要員として数えられているのは確実である。
自分の衝動や欲求を満たすのに、その人の意思に関係なくその人自身の時間を勝手に使おうという行為は、人類史上最低の行為だと俺は思っているので、それを悪びれもせず実行できる人間はクズであると認定している。

なので――俺は親父の考え方というものを、遠慮なく「クズ思考」だと決定付けている。そしてそれは未来永劫揺らぐことはない。
同時に『恋人同士の関係だから』とか『夫婦・親子だから』といった特別な関係であれば、相手の時間を自分の為に使わせて当然であり、心からの感謝など不要――と本能レベルで思考・実行している人間は死んでいい。
でも、上辺だけの感謝をする奴のほうが何十倍も罪深いし、最低最悪のクズである。

ちなみに――俺は相手の時間を自分の為に使わせることを当然とか思うような人間ではないが、結果的に相手の時間を自分の為に使わせていることは当たり前にあるので、それについては感謝をしている。ただ、それが相手に心からの感謝として伝わっていないとしたら、俺自身もその相手からは「クズ人間」認定を受けることは吝かでない状況だとは弁えている。

アンプの件は1時間程度で何とか終わらせ、3時のおやつに入った。
その後で、今度はお袋さんと買物へ。
今日は3店に寄り、色々なものを買って帰ってきたし、クリーニング店にも寄って衣類を受け取ってきた。

晩飯は、昨日の肉団子春雨、ヒレ肉のタレ焼き、そして冷食の牛丼。
今夜は昨日までの物や材料として残っているものを消費しよう、ということでこうなった。
前日までの物が残っているのに、今日また色々と調理して食べるものを増やすことはないのでね。

夜は、しばし居間に居た後、部屋に上がってスマホで動画を観たりしていた。
あと、ゲームアプリをやったりもした。
そしてようやくパソコンを起動して、こうしてブログ日記を書いています。

明日は、特段の用事もなく。
もし親父がやるというのなら、アンプの件を片付けるように動くかもしれない。
その辺は明日になってから明確になるだろうな。

そんな感じで、今日はこの辺で。







GIRLS-PEDIA2019 SPRING (カドカワエンタメムック)
KADOKAWA
2019-05-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


研究生の『横野すみれ』がグラビアデビューだというので、興味本位で購入。
彼女自身曰く「わたし、スタイル好いんです! 見てください!」と自信ありげに言っていたので、まんまと乗ってみた訳である。
………彼女の歳は、姪と同い年なので、そんな小娘の水着姿を見る為に買ったというのも何か恥ずかしい気もするが、別に姪の水着姿をガチ・リアルで眺めている訳ではないので、気にしないようにする。

見た感想は………ふむ、言うだけはあるスタイルだが、卓抜したスタイルという訳でもなかった、という感じ。
細めだし、胸はしっかりあるし、女性らしいボディラインをしている――とは思ったが、特段胸を張ってどうだと言うには色々な要素があちこちに足りない気がした。
より魅力的に成れる要素はあるし、そこをもっと絞っていけばより好くなるけど、何より残念に思ったのが――せっかくの美形なのに表情が妙に暗い、というところ。

NMBに入る前、所謂地下アイドルをしていたという割に、さほどいい表情をしない。
「綺麗な顔してるのに、笑顔は可愛らしくて無邪気」――みたいなギャップでも出してくれば、それだけで今以上のファンを獲得できそうなのだが、それが殆どできていない。
ルックスやスタイルは水準以上なのに、現在までイマイチ人気に火が付いていないのは、その表情の暗さも一因としてあると俺は愚考する。

でも正直――顔立ちは俺個人「やらかし顔」っぽく感じている節がある。
アイドルなのに男が居たり、男を作ったりしてそう……という雰囲気を感じる顔立ちと表情をしているのである。
簡単に言ってしまえば「男好きっぽい顔」――という感じだな。アダっぽいというか、エロっぽさが滲み出過ぎているというか。

まぁ何でもいいや、力説するような事でもないのによく書いたわ。

そういったアレコレがあったりしつつ、なんかそこに勝手に疲労感を感じながら、また明日。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック