8月30日(金) 多分、過去最大級の人騒がせ――

平和的解決で済んでよかったが、二度と経験したくない。

今日は業務的に言えば、8月最後の日。
やるべき事はあらかた片付けて、いい週末や月末を迎えましょう、という感じ。
勿論、そういう気持ちでいたし、そういう風にやっていたし、でも気負い過ぎないスタンスで居た。

なので、色々バタついたりしたこともあったけど、まぁいい感じに業務は一段落出来たので安心した。

妙な事もまぁ少なく、普通に帰宅しました。

――が、事態は晩飯あたりから始まっていた。

晩飯は、豚肉とキャベツとピーマンの炒め物。
そこに弁当の残りの、カレー味の鶏肉と玉葱の炒め物もあった。
姪は、晩飯の折にスマホを眺め、やや疲れたような表情を浮かべていた。

姉――つまり姪にとっては母だが、姉から帰宅を知らせる返信が来ない。
いつもは姉のほうが俺よりも30分は早く帰宅しているのだが、今日に限って俺より遅い上、帰る連絡が姪のスマホに来ない。
少し遅れても必ず何らかの返信やリアクションをしてくる姉が、何故か今日は全くしてこない。

20時半になっても全くリアクションが無い事に、姪は心配を重ねていた。
21時を過ぎ、段々に遅くなってきたので、俺も電話連絡やLINEなどで姉に連絡を送るも、リアクション無し。
22時を迎え、いよいよ心配になって来る一方、もう姪の精神は臨界点を超え、泣きじゃくる一方に。今までに一度もない事態に、大学生の歳でありながらもまるで幼い子供のように泣く姪を、俺は宥め続けた。

22時半を過ぎ、さすがにこれはまずい状況だと感じ始め、寝て居た親父とお袋さんを起こし、今後の動きについて話をし始める。
状況的には「夜22時半になっても帰ってこない」という全く事件性の感じられない事態なのだが、俺と姪の連絡に対して全くリアクションがなく、電話を5回以上掛けても折り返し無し、何回もLINEを送っても音沙汰無し。
いつもであれば、30分とおかずに帰ってくる返事が、今日は全くなかった。

23時15分を過ぎ、親父と姪の3人で市の警察署に車で向かうことにし、走り出したのが20分過ぎ。
車内が暗澹たる雰囲気に包まれ、姪はずっと泣きじゃくり、いよいよ精神がおかしくなりかけたその時――姪のスマホに連絡が入った。
その瞬間、車内は一気に安堵の雰囲気に反転したが、姪は一言「これ本当に、ママからの連絡かなぁ…!?」と、もはやリアクションにすら疑いを持つ始末。

さすがに事ここに至ってそんなフェイクニュースもないだろうという事で、色々訊き出す為のLINE連絡を送ってみたら、というアドバイスをした。
車はすぐに道を戻って、家へと帰って行った。
親父を家の前で降ろし、俺は姪と姉を駅へ迎えに行った――

姉は――23時41分着の電車で帰ってきた。
帰宅後、姉は両親に話をした後で謝罪し、それから愛娘にしっかりと謝罪をした模様。
全部杞憂に終わってよかったが、こういう事態はギャグでもどっきりでも、二度と経験したくない類いの事だと改めて思い知った。

教訓――どんなに忙しくとも、一報は入れておくこと!

ちなみに姉がここまで遅れた理由は……会社の人と仕事終わりに話し込んだ結果、ここまで遅くなった――という事だそうな。
電話などの通知が入っているのを認知していながら、話を中断しない様にという配慮からか、帰りの電車に乗る時までリアクションを全スルーした模様。
ちょっとした配慮が、家族に多大な迷惑を掛けたということを逆に思い知った姉だった、と思う。

俺もまた、些細な事でも一応は一報入れるべきだな、と再認識と再確認をした思いだった。

明日は、まぁ予想通り、姪の皮膚科診療が入っている模様。
あと、修理に出した腕時計が戻っているので引き取りに行く予定。
もうなんか、明日の分まで疲れたような気になっている、今現在である。

とりあえずまぁ、そんな感じで今日はもうこの辺で。






nama190830.jpg
今日は『Queentet』のライヴツアー3日目最終日を生配信で実況する――というものがあったが、まぁ全部観られなかった。
最後の数分だけ、なんとなくちらっと観ただけで、全然内容は掴めなかった。
ま、じっくり観てられるような夜ではなかったので、いずれにしたって駄目だったけども。

明日にはすぐアーカイヴが上がるとか、再配信するとか、そういう話なので待ってみようと思っている。

最悪の状況に成りおおせなかったことに安堵しつつ、やはり情報共有は絶対に必要だと確信しながら、また明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント