12月3日(火) またこの展開かと呆れて厭になる――

体調不良の連鎖というヤツですな。

仕事のほうは月初の処理を着実に熟しております。
しかしそれを掣肘するように阻むのが――我が体調の不良さ加減。
鼻の奥の花粉症の症状がやや緩和され始めると、今度は深い咳が出るようになってきた。

元々喘息持ちなので、冬場になると咳が多くなる体質なのである。
ただでさえ寒くなれば咳が多くなるというのに、この体調不良に上乗せで来た訳である。
鼻血は出るし、鼻の血が固まって呼吸がしづらくなるし、するとぼぉ~っとして眠くなるし、身体が怠くなってくる。

そこへ頭を爆発させるかのような内側からの圧力をかけるような深い咳が出始めると、ますます身体が弱体化していく。
熱は出ていないのに何故か熱っぽく、変な凝りが首筋から肩にかけて拡がっていくし、何故か少しふらついたりもする。
ますます病人のそれらしい体調に移行していくのを感じて、以前の体調不良がぶり返したんだと確信する。

もうこれは花粉症以外の症状も合併症的に出ているなぁと素人考えながらに思う。

アレルギー性鼻炎の薬も、総合感冒薬も、タイミングを分けて飲んだりしているが、効き目が薄い。
以前は花粉症を鑑みた薬を飲まなかったから治りが遅かったのだと言ったものだが、あまり関係ないらしい。
もうどうしていいかわからんというのが今の正直な意見。

早く治ってくれ本当に。

晩飯は、餃子。
食べては少し休む、というのを繰り返しながら、ちゃんと食べた。
食っておかないと今以上に体力がなくなるので、食べる意欲があるうちはしっかりと食うべき。

夜は、部屋でゆっくりとしていた。
もうあまり派手に動くつもりもなかったけど。
ただ咳が頻繁に出るので、頭が内側から押し付けられるような圧力を感じるのが嫌過ぎる。

明日は、月初の処理に殆ど片が付くのではと思っているが、どうだろう。
体調さえマシならば、さほどの事ではないのだけど、こうなってしまっては中々に難儀な作業である。
なまじ、喋ると割と元気な声が出せてしまうし、気を張っているとあまり変わらないように振る舞えるので、周りには理解されていない。

とりあえず、今夜はもう寝るので、この辺で。






【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠
【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠
睡眠導入というよりは、質の良い睡眠を維持できる薬かサプリが欲しい。
寝入ることが出来ないのではなく、いい感じに寝続けて居られず、夜中に頻繁に起きてしまうほうなので。
アホみたいに寝て居られる人の睡眠力を分けて欲しいくらいだ。朝起きられないという人の寝汚さを少し譲ってほしい。

ちなみにお袋さんは「イヤな事があったら考えずに寝る!」という事が出来る人なのだが、息子の俺はそれが出来ない。
きっとこの辺は親父に似たんだろうなぁ…。
寝入りが良くて、ぐっすり寝て居られて、朝はすっきり起きることが出来る、そんな身体が欲しい。

とりあえずはちゃんと寝て、寝て居られて、ちゃんと起きられればいいのだが――などと当たり前の事を言いながら、また明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント