2月20日(木) 正直、もう言葉もないくらい――

語りたくもないが、書き付ける。

今日はもう、バタつき過ぎて忙し過ぎた。
クレームがやれ3件入っただの、元からのクレーム案件に対応するだのと、ウチの営業側が大騒ぎだった。
本社の会議にすら出席できないような状況だった。

営業部長は、当然ながら――仕事をするのを面倒臭がるヤツである。
だが、外出してテメー勝手な事をして道草を食うのは大好きなクズである。
なので今日のクレーム対応については渡りに船の望む展開でしかないのは明白だった。

仕事をいかにサボるかという事に時間を使って血道をあげるのに余念が無いので、もうダメな展開にしかならない。
こちらが、事が進まないからといって濃やかな対応などしようものなら、それに便乗して作業を押し付けてくる始末。
俺が対応してしまい、それを確認しようと営業部長に連絡したのがいけなかったのか、あのクズは全部こっちに押し付けてきやがった。

結果どうなったかなど全く知らぬ存ぜぬで、社長の前に帰ってきたが、何も悪いと思っていない。
むしろ社長の前で、自分がどれだけクレーム対応が大変だったかなどと誇大に訴え、そこに繋がる後処理の事は全く話さない。
当然ながら、俺がやったことの結果など知らないし、確認もしてこないので、話せるはずがないのだが、そんな事はもう頭の片隅にもない。

今後は、事が進まないからといって無闇にこちらが対応することはせず、クズのほうに振ることにする。
クズに連絡が付かず、こちらに対応を強く依頼された場合は、仕方なく対応はするものの、クズへの連絡や報告はしない。
勿論社長への報告は逐次報告するが、勝手に進めたことを逆利用されてはたまったものではないので、結果に対する責任を撮って貰うだけにするつもり。

だから――どんな結果になろうが「営業部長が全責任を負う」と言い切って、俺は知らぬ存ぜぬを通すようにする、という訳である。
ただ、会社側の対応が悪い、という風に全社的な責任問題になるのとは話が違うので、やるべき作業はする、ただその結果に対して責任を負うのは営業部長であるようにする、という事だ。
これは社長にも今後訴えていくつもりの内容なので、本当に仕事をしないのなら、然るべき制裁を与えて貰えるようにしていただきたい。

バカは死んでも治らねぇんだろうなぁ~……つくづくそう思った今日という日でしたわ。

定時になったらさっさと上がりました。こんなクソと同じ空間内に居たくないのでね。

晩飯は、ハッシュ・ド・ビーフ。
今日は親父が病院で検査で、夕方遅くにならないと帰って来られない予定だったので、作り置きできるメニューにした模様。
その考えは充分に奏功したようである。

夜は、部屋で動画鑑賞など。
こうしてブログ日記を書いていて、今日の内容を思い出すだけで苛立たしい。
死を以て贖って欲しいところである。

では、今日はこの辺で。






バカの人 その傾向と対策 - 和田秀樹
バカの人 その傾向と対策 - 和田秀樹
こういう本を読んでも、まぁ無駄なんだろうなぁと思ったりする。
あのクズは特殊なバカに類するので、一般的見解では処理できなさそうなので。
バカの中のバカ、クズの中のクズ、選りすぐりの粋を極めたクソの中のクソ、本当に存在自体が無駄である珍しいケース。

何でアイツ今でも生きているんだろう――考えたくもないが、ふと疑問に思うくらい、意味がわからない。

自分とは関係ない領域に存在してくれて居るなら、散々バカにしながら大爆笑できるゲスクズ野郎なんだけどな――などと思いながら、また明日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント