2月2日(木) この症状、アレルギーから来るものですって!

鼻詰まりが酷く、鼻の中が固くなる状態のことです。

今日は、お袋さんの通院の付き添い。
それに付随して、俺も耳鼻科に掛かることに。
最近、鼻がよく詰まり、あれこれしてしまうと鼻血を出したりするので、一度診て貰おうということに。

病院で受付をして、俺は耳鼻科、お袋さんは整形外科へ。
俺が耳鼻科で待っていると、何故かお袋さんがやってきた。
今日予定していたMRI検査まで時間があるので、俺の処に来たらしい。

しばしの間、耳鼻科の待合室で一緒に待っていたが、頃合になったのでお袋さんはMRI検査へ。
その後もしばらく待合室で待っていたが、それほど長く待つことなく診察へ。
耳鼻科医曰く――「この症状は、アレルギーから来るものですね」と。

冬の乾燥によって粘膜が乾き、そこへ花粉などのアレルギー物質が付着すると、鼻水などでそういったものを排除しようとするのだが、巧くその機能が働かないことがあると、こういう症状になることがあるという。
俺も乾燥しないよう、また変な付着物が付かないようにと鼻うがいをしていたが、それでもこうして症状が進行してしまうのは、身体の側が色々と対抗しようとしてしまっているのだろう。
また、無理にこの状況を打破しようと、指でその鼻の奥の硬さを取り除こうとしてしまうと、より粘膜を傷付けてしまうことになり、結果として逆効果の悪循環を招く模様。

いずれにせよ、こういった症状に対し、薬での対応――ということになった。
2週間後、薬がどう効いているか確認する為、再度来院してください――そういう話になってしまった。
今月(2月)は結果的に、毎週木曜に病院に行く形になってしまった模様。

診察を終え、代金も支払い、さてお袋さんは――と思って時計を覗き込む。
俺の診察が終了した時間は、イコール、お袋さんのMRI検査が始まって間もないくらいだった。
つまり――俺の診察終了は、お袋さんの診察開始とほぼ同義だった、という結果になった。

MRI検査を終えたお袋さんは、今度は整形外科医の診察を受けることになっている。
さて、ここからの待ち時間が大変だった。
検査終了から約1時間半以上待ち、ようやく診察となった。

診察時間は10分に満たず、診察終了後はすぐ会計となった。

そうして帰宅した時には、午後2時を回るところだった。

昼飯を終え、色々と動いている内に、もう3時になっていた。
さっき昼飯を食ったのに、もう3時のおやつのかよ、といった感じ。
お茶を飲んだりした後、買物へ行くので車を取りに行った。

買物は、近場で済ませた。
あまり遠くのスーパーなどへは行かず、手早く済ませようということに。
それでも、調剤薬局へ処方箋を出して受け取るのに時間が掛かったりして、帰宅するのにはある程度の時間を要した。

晩飯は、ハッシュ・ド・ビーフ。
もう勢いで決定。
病院へ行って待たされたというのがあり、あまり色々考えたくなかったんだろうな、お袋さん。

晩飯後は部屋に上がり、こうしてブログ日記を書いています。
それほど疲労感は感じていないのだけど、何故か今日は一日中、結構眠い。
睡眠時間はそれほど短くないのになぁ…。

明日は勿論出社。
月初の処理で少しは色々する予定。
おそらく顧客の請求額へのリアクションは来週になる見込み。

んじゃ、今日はこの辺で。









NMB48 スクールカレンダー 2017-2018 - 蔵出し! ゆきつんカメラ -
去年度の『百合劇場カレンダー』に引き続き、『NMB48』のスクールカレンダーが発売。
今回は「東由樹」こと「ゆきつん」のカメラがとらえた写真で構成された、ファン待望のカレンダー!

プロのカメラマンでは撮れない、メンバーの自然な姿や表情。
出来る事なら『写真集』という形で観たいと思っていた写真群が、今回は『カレンダー』という形に結実した。
決して悪い事ではなく、むしろ嬉しい事なのだが、やはり『写真集』という形になって、思う存分楽しめる物にもなって欲しいと願っている。

このカレンダーで、4月からは楽しく日々を過ごそうと思っている。
仮令今年、祝日に対する振り替えが少ない地獄の様な年であっても、それを少しは緩和させるカレンダーとなって欲しい。
だから、このカレンダーが発売してくれて、本当に感謝の至り。

そんなカレンダーを早くも掛けて用意しつつ、来年度に備えながら、また明日。

"2月2日(木) この症状、アレルギーから来るものですって!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント