1月19日(金) レパートリーは無限大!

ウチの会社のジジイ共が俺に対してやりやがる、ウザさとイラつきを生み出すレパートリーの事です。

こんなにも多彩な方法でもって俺にストレスを溜めさせるのだから、ある種の天才としか思えない。

でもまぁ、そんなことを具体的につらつら書いても誰も興味ないだろうし面白くないので、書きませんけど。

ただ、世の中には動くだけで他人を不快に思わせることが出来る、全く役に立たない稀有な才能を生まれ持っている奴らが居て、それがウチの会社に複数居るという、誰も喜ばない方向の奇跡が起きているという事実。

全く無関係で、全然接点がなければ、第三者的な立ち位置から笑えたものを――とは思うけど、後悔したって解決しないので、無意味なことはしない。

とりあえず、そんなこんなありつつ、今日もストレスと疲労困憊の一日を過ごしました。
社会人たるにはストレスと巧く付き合って、上手に受け流す方法を生み出し使っていかねばならない。
今日はそんな「社会人たるには」などという持っていたくもない技術を無理やり駆使したものの、てんで役に立たないくらいの疲労感を身体中に感じて帰宅しましたよ。

……あぁ、あのジジイども、遠慮なくすぐに死ねばいいのに――忌憚なくそう思う。

晩飯は、ハッシュ・ド・ビーフ。
美味しくいただきました。
でも、食べた量が少なかったのか、あとで腹減りましたけど。

夜は、しばし居間に居て、姪と『ジョジョ』第3部のアニメを観ていた。
その後、部屋に上がって本を読んだりしていた。
それからは、ネットで色々見たりしていたけれども。

明日は、午前中に両親を家の近くの医院に連れて行く。
その後は、石油ストーブを買いに行く予定。
まだ買っていないし、無いと寒いのでね。

では、今日はこの辺で。






画像

本日、『市川美織』が卒業発表をしました。
春には旅立って行ってしまう――ということだそうな。

それを聞いて、俺個人としては「あぁ…やっぱりそうか…」と思った。
というのも、すでに『NMB48』には美織が安心して身を寄せられる「相方」的な存在が居なくなりつつある。
木下百花然り、そして同じ春を卒業時期に設定している矢倉楓子然り…。

『AKB48』にはまだ、大親友たる『竹内美宥』という人物が居るが、それは別の話で…。
おそらく、もう『NMB48』には美織の寄る辺たる場所が失われつつあるのかな、とは思う。
いやそうではなくて、むしろ寄る辺たる場所が自らの今後への「逃げ」の場所になってきているように思い始めているのかなぁ、とか。

美織にとってもう『NMB48』はぬるま湯のような場所であり、心地好いけれど刺激がなく、そして年齢的な事や事務所的なことも絡むなど、多様な状況が現在の美織に色々と考えさせていたのかもしれない。
真意はどうあれ、この春に卒業するというなら、楓子と共に盛大に卒業を祝ってやり、華々しく旅立って行って欲しいと願っている。
本当に――今後とも頑張って欲しいと思っているのでね。

そして同時に――ズッシリ来るくらい、地味に残念に思ってもいる。

では、また明日。

"1月19日(金) レパートリーは無限大!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント