7月21日(土) いきなりの依頼から始まる朝――

当然の行動なのだけれども。

今朝、親父に起こされた。
曰く「お袋さんが相変わらず調子が悪い。病院に連れて行ってやってくれ」とのこと。
朝飯を食い、身支度を整えて、車を駐車場へ取りに行って、お袋さんを当該の病院へ車で連れて行った。

土曜日のせいか、病院は激混み。
本当は病院の駐車場へ車を置いて、付き添う予定だったが、断念。
近くで降ろして、帰りには電話で呼び出して貰えば迎えに行く、という手法に切り替えた。

お袋さんからの連絡は非常に遅かった。
一度、11時40分くらいに掛かってきたのだが「あと2時間は掛かりそう」という知らせの連絡。
結局、2時半を越えての長丁場となり、迎えに行って帰宅したら、もう3時になっていた。

3時半以降に、姉と一緒に買物へ。
当然ながらお袋さんは買物に出て歩き回れるほど調子がよくない。
買う物をメモして、スーパーなどの店を回った。

晩飯は、鰹のたたき。
俺はローストビーフ、姪は鯖の塩焼き。
姪のメニューは姪自身からの指定メニューだったそうな。

晩飯後、なんだかんだと居間に居た。
気が向いて、晩飯後に缶ビールを1缶飲んだら、変に効いたらしく眠くなった。
30分ほど、寝るか寝ないかの狭間を彷徨っていたら、9時半を回っていた。

さすがに遅くまで居間に居たなと思い、自分の部屋へ行くことに。
お袋さんも自分が寝ようとしているのに、息子が畳の上に大の字になってひっくり返っていれば、寝にくい事この上ない。
俺がどくと、すぐさま布団を敷いて寝る準備に入ったので、早々に部屋へ引き上げた。

そして今、こうしてブログ日記を書いています。

明日は、お袋さんの調子が変に悪過ぎなければ、また姪の機嫌と気分が変わらなければ、姪と外出して大学受験に対する本や冊子を見てこようという事に。
もう彼女は夏休みに入っているので、本格的な用意をするのは少し遅いだろうけど、遅いからといってやらない訳にはいかない。
とりあえず、俺が父親代わりにそういったことを面倒見ることにしてるし、姪も俺ならそういう事も気軽に頼みやすいだろうと思うので。

ま、そんなこんなありつつ、今日はこの辺で。







未確認で進行形 (9) 特装版 (4コマKINGSぱれっとコミックス)
一迅社
2018-07-21
荒井 チェリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 未確認で進行形 (9) 特装版 (4コマKINGSぱれっとコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


未確認で進行形 (9) 特装版
本日、他の諸々と合わせて到着しました。
これも、電子書籍に移行出来ないものの一つ。

大々的なメス入れが必要だろうなと、わかっちゃいるのに実行出来ない自分が情けなく思いつつ、また明日。

"7月21日(土) いきなりの依頼から始まる朝――" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント